1月 31, 2013

SNS、バナー広告を解禁=自民のネット選挙法案


 自民党のインターネット選挙に関するプロジェクトチーム(PT、平井卓也座長)は30日、
ネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案の原案を固めた。フェイスブック
などの交流サイト(SNS)を含め、政党や候補者、支援者が選挙期間中にネットを使って
投票を呼び掛けることを容認。また、政党に限り有料の「バナー広告」の利用も認めるとした。

 同党は改正案を今国会で成立させ、夏の参院選から適用したい考え。31日のPT会合で
了承を取り付け、来週から公明党や野党との調整に着手、2月中の法案提出を目指す。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000141-jij-pol&1359553389

 Images